Home未分類>冷たい麺類で痩せ体質へ導こう!(脚やせ専門エステ リフィート自由が丘店)

Mon2015.08.24

冷たい麺類で痩せ体質へ導こう!(脚やせ専門エステ リフィート自由が丘店)

こんにちは
スタッフの浅川です

私事ですが、昨日の夜、
麻布十番のお祭りに行って参りました

人がとても多くて驚きましたが、
風が涼しくて気持ちのいい夜でした

夏が終わりに近づいて
朝晩が涼しくなってきましたね


美脚美容に関する耳より情報をお届け
♡♥♡♥自由が丘店♥♡♥♡
知って得する!知っ得コーナー
知っ得☆

本日のテーマは
~冷たい麺類で痩せ体質へ導こう!~


冷やし中華、冷やむぎ、うどんなど、夏になると
麺類を食べる機会も多くなりますよね

そんな麺類を食べるときに、冷たい麺か温かい麺かによって
デンプンの消化に違いが出てくるということをご存知ですか? 


■消化されにくいデンプン
“レジスタントスターチ”

------------------------------------------------

炭水化物が冷えると“レジスタントスターチ”になると言います。
レジスタントスターチとは消化されにくいデンプンのことで、
炭水化物を加熱後冷やすことによって量が増えます

しかもレジスタントスターチは
小腸での吸収が抑えられる分、
その一部は大腸でも消化されずにそのまま排出されるため、
便秘解消効果もあると言います。

ですので、ダイエットに向いている麺類の食べ方は
温より「冷」ということになります

このレジスタントスターチは麺類だけでなく
米、じゃがいもなどの炭水化物でも同じことが当てはまります


■冷蔵庫で一度冷やすことがポイント
----------------------------------

レジスタントスターチが最も増える温度が4~5℃と、
ほぼ冷蔵庫と同じ温度だそうです。
そのため、一度冷蔵庫で冷やしたものを、
冷蔵庫から出してすぐに食べるのが理想です。


■冷やして食べるオススメ食材
----------------------------

冷やすことでレジスタントスターチの量が増える食材のひとつに
じゃがいもがあげられます。
じゃがいもは、温かいときに比べて、冷やすとレジスタントスターチの量が
2倍以上に増えるそうで、
温かいフレンチポテトや煮物で食べるよりも、
ポテトサラダやヴィシソワーズなどの冷製料理が良いそうです

ただし、冷たい食べ物ばかりを摂っていては
身体を冷やしてしまう原因となってしまうので
何事もほどほどに・・・。

炭水化物がいっぱいの麺類を食べるときは、
ぜひ冷たくして食べて痩せ体質を目指しましょう




無料カウンセリング実施中
今なら、初回限定!!!
脚やせカウンセリングを無料で実施中!
脚が細くならない原因がその場で分かります
 www.ashiyase.jp/reserved
 
――――――――――――――――――――
家ですぐに「脚やせ」したい人専用
お風呂で塗って1分おくだけ!
「脚ほそっっ!」お試しセット好評発売中
     ↓↓↓
 こちらをクリック 

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://refeatjiyugaoka2009.blog88.fc2.com/tb.php/1157-81ea920e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)